2016.11.18.の金星柱


2016年11月18日の夕方に金星柱が現れました。この日は昼間は良く晴れていましたが夜から曇り、深夜から雨が降り出しました。夕方には薄雲がかかり、肉眼で金星がぼーっと見えていたので双眼鏡で確認すると光環を伴っています。最初は円形に近い光環だったのが少し縦長になり、その後金星柱も見えるようになりました。金星柱を見たのは今年の1月以来です。
金星柱は太陽柱と同様に金星の光が上下方向に伸びて見える現象です。反射による現象ですから幻日などとは違い、虹色に見えることはありません。ただし今回は光環も現れているので周囲が少し色付いているのと、低空だったので全体が赤みを帯びているように感じます。


ピークの頃 2016.11.18 18時29分41秒 60D + EF 70-200L F4 200mm  2.5秒 ISO200 4枚コンポジット
低空のため、電線が写ってしまいました。(高度 8.7°)18時29分23秒 60D + 200mm F4 2.5秒 ISO200
        


  
最初は円形に近い光環が見えていました。 金星の右下に写っている星はいて座のλ星です。(18時15分32秒)
光環が少し縦長になりました。(18時19分39秒)
金星柱が少し見え始めました。(18時27分31秒)