幻日

幻日(げんじつ)は太陽の両横、あるいは左右のどちらかに現れます。虹色に見える場合のほかに白っぽく輝くこともあり、縦長に見えたり横に尾を引いていたりと様々な表情を見せてくれます。虹色に見える場合は太陽に近い側が赤色になりますので、左右の幻日では色の並びが逆になります。

低空では幻日は太陽とほぼ同じ高度(太陽の真横)に現れます。太陽と幻日の間隔は約22度で、内暈と幻日が同時に見える場合は幻日と内暈はほぼ重なるように見えます。

太陽が高く昇ると幻日の現れる場所は太陽よりも少し高く(太陽の斜め上)になり、太陽との間隔も低空の場合よりも少し離れるようになります。

太陽高度が60度を超えると幻日は現れなくなります。