内暈

太陽や月に薄雲がかかると大きな光の輪が現れることがあります。これは(かさ)、内暈(うちかさ、ないうん)という現象で、太陽の場合は日暈(ひがさ、にちうん)、月の場合は月暈(つきがさ、げつうん)などとも呼ばれます。

よく「お日様にかさがかかると雨が降る」などと言われますが、たしかに天気が崩れる前に暈が現れる場合が多いようです。

暈は上空の薄雲に含まれる小さな氷の粒がプリズムのような働きをして現れます。白っぽく光る場合が多いようですが、虹色に見えることもあります。

内暈の大きさは半径が約22度です。腕をいっぱいに伸ばして手を広げたときの親指から小指の先がだいたい22度であるといわれます。一般に暈と言えばこの内暈を指します。

他にも内暈のさらに外側をとりまく半径が46度の外暈(そとがさ、がいうん)がありますが、実際に外暈がはっきりと見える機会はめったにありません。ですから太陽の周りに二重の大きな輪や虹が見えるとき、外側は外暈ではなく、上部ラテラルアークや環天頂アーク、あるいは環水平アークである場合が多いように思います。

外接ハロと内暈
全周魚眼による内暈
全周魚眼による内暈
少し外接ハロっぽいものもここに掲載しています。