ミリキウスπ (Milichius Pi)


コペルニクスとケプラーの中間付近は数多くのドームが見られる場所として有名です。なかでもホルテンシウスのドーム群が有名ですが、ミリキウス・クレーターの西側にあるミリキウスπも頂上に小クレーターを持つ典型的なドーム地形で 欠けぎわ近くではよく目立ちます。
この付近のドームは少しいびつな形をしたものが多いようですが、ミリキウスπはとても美しい半円形のドーム状に見えます。ミリキウスが直径13kmで、それよりひと回り小さいので直径10km程度でしょうか。

またミリキウスとトビアス・マイヤー(T・マイヤー)のあいだにも、多数のドームが重なるように見える地域があります。あまり目立たないドームが多く、欠けぎわギリギリでないとわかりにくいのですが面白い眺めです。

2010. 8. 4
2007. 8. 7
 
2017. 8.17
 
 2017. 5. 6
 
  ミリキウスとトビアス・マイヤー(T・マイヤー)のあいだの多数のドームが重なり合うように見えるエリア。白線で囲んだあたり。2010. 9. 2

 
 
 2016. 3. 4
 
「かぐや」HDTVによるミリキウスのドーム