リンネ (Linne)


リンネは晴れの海西部にある直径2.4kmの小さなクレーター。
変化するクレーターとして有名で、長いあいだ様々な観測がなされてきました。
しかし月面ウォッチングによると「19世紀の後半以後、リンネのミステリアスな変化や、消失の記録が多くの文献に残されています。しかし、それは月の地形の細部が望遠鏡の解像力の限界近くにあるときに起こる古典的な観測ミスだと考えられます」とのことです。
直径2.4kmといえばプラトーの4つの小クレーターと同じくらいの大きさしかありませんし、当時の地上からの観測では多くの誤認があっても仕方ないのかもしれません。
NASAのLROによるリンネの画像を一番下を掲載しておきます。
リンネはLunar100の82番です。


 
中央の明るく目立つ小さなクレーターがリンネ  2012. 9. 6
2010. 9.18
2012. 9. 4
 
 
 
 リンネ NASAのLROの画像 (C) NASA LRO Image