スミルノフ尾根 (サーペンティンリッジ)


晴れの海の東側の縁に全長500kmに及ぶリンクルリッジ(しわ)が伸びていて、まるで蛇のように曲がりくねっています。他のリッジと同様にあまり高さはないので欠けぎわから離れてしまうとほとんど目立たなくなってしまいます。
なおリンクルリッジの集まりである静かの海のラモントと、このスミルノフ尾根が同じタイミングで欠けぎわに来たときには、南北に長く続く素晴らしい眺めになります。(一番下の画像)
スミルノフ尾根 (サーペンティンリッジ)はLunar100の33番です。

2017.10.11 01h32m
2010. 8.29  03h12m
2015. 2.24 19h08m
2017. 6.15 03h51m