プトレマイオス クレーター


三つの大きなクレーターのうち、一番上がアルザッケル、真ん中がアルフォンスス、下がプトレマイオス(プトレメウス)です。この地域は月面のほぼ中央部にあたり、南北にきれいに並んだ3つのクレーターは欠けぎわにくると大変目立ちます。それぞれのクレーターの直径はアルザッケルが97km、アルフォンススが110km、プトレマイオスが153kmです。
プトレマイオスの内部にはたくさんの浅いくぼみを見ることができます。そのなかで最も目立つのがプトレマイオスBでLunar100の75番です。


2016. 3.17  ミューロン250 + 笠井1.5倍バロー  ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。
2016. 8.25  ミューロン250 + 1.5倍バロー  ASI 120MM-S 
普段は平坦に見えるプトレマイオスの内部ですが、欠けぎわに近くなると、たくさんの浅いくぼみを見ることができます。そのなかで最も目立つのがプトレマイオスBでLunar100の75番です。(矢印)
2016. 9.24  ミューロン250 + 1.5倍バロー  ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。