雨の海の溶岩流


雨の海西部には広い範囲に溶岩流があり、地上から望遠鏡で捉えることができます。
「月の地形観察ガイド」によると噴出口はオイラー付近で平均厚さは35m、全長は600kmに及ぶとのことです。特にカリーニとマクドナルドのあいあだからル・ヴェリエA付近に続く川のような溶岩流は見事です。ただしこの地域が欠けぎわギリギリに来ること、および気流が十分に安定していないとみることはできません。
ここに掲載した画像はすべてμ250(口径25cm)で撮影し、かなり強めの画像処理をしています。ですから実際には画像よりももっと微妙な見え方ですが、条件が非常に良い日には10cm屈折で川の流れのような部分をはっきり見ることができました。
雨の海の溶岩流はLunar100の98番です。

2015. 3.29 20h46m
  溶岩流のおおまかな位置と形状は次の通りです。
オイラー~ディオファントス付近から始まり、ハイス~ラ・ハイヤー山付近までは様々な方向に広がり、複数の流れが見られます。それからツィルケル尾根を横切り、カリーニ~マクドナルド付近で目立つふたつの舌状の膨らみがあり、その先は川の流れのようにカリーニD~ヘリコンBを通りル・ヴェリエA付近で終わります。
溶岩流の目立つ輪郭は以上ようなものだと思いますが、微妙な海の明暗やリッジとの区別など詳細はよくわかりません。様々な位相での撮影が必要だと思われます。

 
2017. 5. 6  21h33m
   2013. 3.20 21h57m 全体を一枚の画像で写すことができればよいのですが、欠け際から少しでも離れると途端にわからなくなってしまいます。ですから欠けぎわが異なる複数の画像で捉えるしかありません。
 
 


2013. 3.20 18h40m
2015. 3.29 19h26m
 
 2015. 3.30 21h09m
 
  2015. 3.30 22h47m
 
  2018. 3.26 18h51m
 

  アポロ15号が撮影した画像との比較
黄色の線で囲んだあたりがアポロ15号の画像に写っている地域になります。 


 
 
ⓒ NASA Apollo15 Image
 
黄色の線で囲んだ部分(舌状の2つの膨らみ)が下のアポロ15号の画像の中央付近に見えています。 
 ⓒ NASA Apollo15 Image