グルイテュイゼン・ガンマ

1が虹の入江、2がグルイテュイゼン・クレーター、3がグルイテュイゼン・ガンマ、4がグルイテュイゼン・デルタです。グルイテュイゼン・ガンマ、およびデルタはともに直径約20kmの大山塊で、グルイテュイゼンは直径16kmの小さなクレーターです。いずれも目立つ地形ではありませんが、虹の入江からたどると簡単に見つけることができます。


矢印がグルイテュイゼン・ガンマです。直径約20kmのドーム状の地形で、頂上に小クレーターがあるので注目されます。中央部と端にひとつづつ、2個の小クレーターが見えています。小クレーターは山頂にひとつだけと思っていたのですが、かぐやの映像でも二つ確認できます。 Link
小クレーターのひとつは太陽高度が高くないと影になってしまうことや、この付近はすぐに露出オーバーで白飛びしてしまうことから撮影には注意が必要です。
「月面ウォッチング」には小クレーターの直径は900mと書かれています。しかし写り具合からみると、もう少し大きいのでは?という気もします。(μ250 + DMK21AU04)


欠けぎわに近いグルイテュイゼン・ガンマです。端の小クレーターは影になり、中央部のものだけが見えています。(μ250 + DMK21AU04)


μ250 + ASI 120MM