アリストテレス、エウドクソス クレーター


南北に並ぶ二つの大きなクレーターのうち、上がエウドクソス、下がアリストテレスです。直径はアリストテレスが87km、エウドクソスが67kmあり、どちらも幅広い周壁に段丘が見られます。アリストテレスの周辺は噴出物や二次クレーターが多く、エウドクソスの近くも小さな突起が集まったザラザラとしたような地域が広がります。とても複雑で興味深い地形ですが、気流が安定したときでないとなかなかうまく写すことができません。


下弦側 2015. 8. 4  ミューロン250 + 笠井1.5倍バロー  ASI 120MM クリックすると大きな画像が表示されます。
上弦側 2016. 3.17  ミューロン250 + 笠井1.5倍バロー  ASI 120MM-S