アルフォンスス クレーター


月面中央部に直径100km前後の大きなクレーターが南北に並んでいます。一番上がアルザッケル、中央がアルフォンスス、下がプトレマイオス(プトレメウス)です。南北にきれいに並んだクレーターは欠けぎわにくるとよく目立ち、それぞれが特徴のある姿を見せます。クレーターの直径はアルザッケルが97km、アルフォンススが110km、プトレマイオスが153kmです。
欠けぎわから少し離れると、アルフォンススの内部で暗くなっている地域が目に付きます。顕著な場所としては火口壁近くの3箇所ほどですが、拡大した画像を見るとそれ以外にも同様の場所が何箇所かあるようです。このアルフォンススの暗斑がLunar100の47番です。
またアルフォンススはたびたびTLP(月面の異常現象)が目撃されていることで知られています。赤く発光したりガスが噴出したり、ということなのですが、詳細については現在もよく分かっていません。
アルフォンススの内部には細い谷が見られます。東側の周壁に沿った谷が比較的太くて見やすいのですが、気流の良い時にはそれ以外にも多くの谷が写ります。


2016. 3.17  ミューロン250 + 笠井1.5倍バロー  ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。
2016. 8.25  ミューロン250 + 2倍バロー  ASI 120MM-S
2016. 9.24  ミューロン250 + ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。