ヘシオドスA


ヘシオドスAは二重の周壁を持つ珍しい小クレーターです。直径が15kmしかありませんから最初は探すのに苦労するかもしれません。位置は雲の海の南端です。月面の地形を観察する場合、欠けぎわに近い頃が影が出来て詳細がよく分かる場合が多いのですが、ヘシオドスAは欠けぎわ近くになると内部が影になってしまいます。欠けぎわから離れた頃にはクレーター内部にも十分に光が当たり、二重の構造が見やすくなります。
ヘシオドスAの東にあるピタトスは直径97kmのクレーターで、周壁に沿って多数の谷が走ります。ヘシオドスAはLunar100 の81番、ピタトスは84番です。

以前、LPODに二重クレーター(複合クレーター)の写真集のような面白い画像が掲載されていましたのでご紹介します。もちろんここでご紹介しているヘシオドスAやマルト、クロウジャーH、ポンタヌスEも含まれていますので探してみてください。こんなに多くの複合クレーターがあるのか、と驚かされますが、ほとんどは小さなものだったり月の裏側にあるものです。
Link: LPOD_July_28_2013

二重クレーターに関する記事
Crazy About Concentric Craters (Sky & Telescope)

2016. 8.25  ミューロン250 + テレビュー2倍バロー  ASI 120MM-S
2016. 8.25  ミューロン250 レデューサー併用  ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。

   

マルト

ヘシオドスAに似ていると言われる二重クレーターのマルト(矢印)です。ヘシオドスAよりもさらに小さく、直径は7kmしかありませんので気流が安定したときでないと二重の構造を確認することは困難です。病の沼に位置し、1のラムスデンが目印になります。(YK200 + ToUcam)


μ250 + DMK21AU04
μ250 + DMK21AU04

クロウジャーH

ヘシオドスAやマルト以外に見やすい二重クレーターはないのか?と調べていたらクロウジャーHというクレーターがありました。21st Century Atlas of the Moon によるとヘシオドスAに次いで2番目に見やすい複合クレーターとのことです。場所は豊かの海の南西側で右上の大きなクレーターはコロンブス(コロンボ Colombo)です。直径は11kmなのでヘシオドスA(15km)とマルト(7km)の中間くらいの大きさです。ただし月の縁のほうにあるので秤動の状況によってかなり見やすさが変化します。


クロウジャーH μ250 + DMK21AU04
クロウジャーHの位置 μ250 + ASI120MM

ポンタヌスE

ポンタヌスEはヘシオドスAやマルト、クロウジャーHほどの明瞭な二重クレーターではありませんが、大変見やすい複合クレーターです。直径は13kmですからヘシオドスAより少し小さいくらいでしょうか?。位置は月面Xでお馴染みのウェルナーとアルタイの断崖の中間あたりですが、最初はなかなか見つけにくいかもしれません。

ポンタヌスE μ250 + ASI120MM
ポンタヌスEの位置 μ250 + ASI120MM
ポンタヌスEの位置 μ250 + ASI120MM
 ヘシオドスAの位置