アルキメデス;:]


アルキメデスは雨の海の東部にある直径83knのクレーターです。それほど大型のクレーターではありませんが、周囲が平坦な海に囲まれており大変目立ちます。段丘のある周壁を持ち、火口底は溶岩に満たされて平坦で東西方向に複数の光条が走ります。アルキメデスはLunar100の24番です。


2016. 8.25  ミューロン250 + 笠井1.5倍バロー  ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。
欠けぎわから離れると火口底の光条が見やすくなります。
2015. 3.30  ミューロン250 レデューサー併用  ASI 120MM-S
アルキメデスの内部は平坦ですが、気流が良いときには多くの小クレーターを認めることができます。
2016. 8.25  ミューロン250 + テレビュー2倍バロー  ASI 120MM-S
2016. 8.25  ミューロン250  レデューサー併用  ASI 120MM-S クリックすると大きな画像が表示されます。