8/25のヘシオドスA

8/25の明け方のヘシオドスAです。美しい二重クレーターとして知られるヘシオドスAですが、直径が15kmしかないため大きく写すのには苦労します。また内部がすぐに影になってしまうので、ある程度欠けぎわから離れた時に撮影する必要があります。
ヘシオドスAの東側(左側)には直径97kmのピタトスがあります。ピタトスには周壁に沿って何本もの曲がりくねった谷が走ります。ヘシオドスAはLunar100の81番、ピタトスは84番です。

以前、LPODに二重クレーター(複合クレーター)の写真集のような面白い画像が掲載されていましたのでご紹介します。どれがヘシオドスAか探してみてください。こんなに多くの複合クレーターがあるのか、と驚かされますが、ほとんどは小さなものだったり月の裏側にあるものです。
Link: LPOD_July_28_2013


(2016. 8.25 05時15分34秒  タカハシミューロン250 + ASI 120MM-S + テレビュー2倍バロー)
(2016. 8.25 05時01分17秒  タカハシミューロン250 + ASI 120MM-S + RG610)