立待月(たちまちづき)

立待月は陰暦十七日日の月のことで、特に陰暦8月17日を指す場合もあります。

日没後、立って待っているうちに月が昇ることからそう呼ばれています。