十三夜

陰暦で毎月十三日の夜をを指しますが、特に九月十三日の夜の事を指すこともあります。八月十五日に対して、「後の月(のちのつき)」と呼ばれています。

また十五夜の芋名月(芋を供える)に対し枝豆や栗を供えるので、豆名月や栗名月とも呼ばれます。