星食

星食について

月は地球のまわりを回っていますので星空の中を少しづつ移動していくように見えます。月は他の星よりも地球に近いので、この通り道に星があれば覆い隠します。この現象は星食(掩蔽-えんぺい)と呼ばれ、同じように月が太陽を隠す場合には日食が起こります。

明るい星や惑星の星食はすばらしい現象です。もちろん隠された後では月が見えるだけですから、隠される直前や出現した直後の光景を楽しみます。

月の縁の部分が星を隠すか隠さないか、ぎりぎりのところを通る現象を限界線星食といいます。月は山あり谷ありの凸凹が激しい地形ですから、うまくいけば星が見えたり隠れたりしながらチカチカ瞬くように見えます。この様子を観測することにより、月の縁の地形を詳しく知ることができます。


jupitar
木星食 (2001.8.16)
saturn
土星食 (2002.3.20)
venus
金星食 (1989.12.2)
mercury
水星食 (2013.12.2)
M45
すばる食 (1987.12.31)