月面A (リチオリのA字形 )

月面Aについて

満月の少し前、月の西縁に見えるグリマルディの近くにアルファベットの「A」のような地形が見えることがあります。最近は「月面X」と同様に「月面A」と呼ばれているようですが、この現象について「月面ガイドブック」(誠文堂新光社 高橋実著)に「暗やみに浮かぶA字形」として詳しい記述があります。
同書によると、1959年4月21日に著者の高橋実氏が見つけたそうです。月面余経度が71.3度の頃に現れますが、この時刻を中心に前後30分くらい余裕をみておくのが賢明とのことです。

月面Aは月面Xと違って月の縁のほうで起こりますから月の秤動(月の首振り運動)の影響を大きく受けます。この付近がこちら側を向いているときはA字形は幅広くて見やすくなりますが、遠い側に向いているときは見えにくくなります。ですから月面Xとは違って起こる日時だけでなく、秤動の状況も気になるところです。


2015. 7.30 00時24分  ミューロン250 + ASI 120MM 月面余経度 71.38°
2016.10.14 21時08分  ミューロン250 + ASI 120MM + 1.5倍バロー + RG610 月面余経度 71.36°

月面Aの予報 (2016年)

下の2016年10月14日の連続画像のうち、21時08分の画像が「月面ガイドブック」に掲載されているスケッチに近く、また最も「A」に見えるように思われるのでとりあえずこのタイミングを月面Aのピークとします。この近くにあって詳しい位置がわかるクレーターとしてリチオリを選び、このときのリチオリにおける太陽高度を使って今後の月面Aが起こる時刻を考えてみました。その結果が下表です。

月日 ピークの時刻 月の高度(大阪) 秤動の
状況
備 考
2/21 22時00分頃 61° ×
4/21 00時00分頃 49° 4/20〜4/21の夜
6/18 22時50分頃 38°
8/16 21時00分頃 34°
10/14 21時20分頃 50°
12/13 01時00分頃 50° 12/12〜12/13の夜

より正確な予報のためには多くのケースについて連続した画像を撮影する必要があります。また月面Xと同様に、どの時点で最も「A」に見えるか?というのはそれぞれの人の主観によりますので悩ましいところです。

予報時刻は四捨五入して10分単位としました。
月の高度はステラナビゲータVer.9(アストロアーツ)により求めました。地域によって異なりますのでご注意ください。
秤動の状況はこの地域がこちら側に向いているときは「○」、遠い側に向いているときは「×」、中間位のときは「△」としました。( 天文年鑑による )
秤動の状況が良く、月の高度が大きい場合が見やすくなります。
予報時刻の前後に十分に余裕をみるようにお願いします。
深夜0時をまたぐ場合、日付を間違わないように備考欄に記載しました。

2016/10/14の撮影結果をもとに12/13の予報を見直しました。以前は01時10分頃としていましたが01時00分頃に変更しました。なお10/14以前の予報については既に過ぎているので見直しはしていません。(10/27追記)

(管理人の個人的な予報なので参考としてご覧ください。)

下の画像は2016/10/14の月面Aの連続画像です。それぞれの画像には撮影時刻と月面余経度、リチオリにおける太陽高度を記載しました。またピークと思われる時刻(21時08分)とそれぞれの画像の撮影時刻の差を経過時間として記載しました。一番下に9枚の画像をアニメーションにして掲載しています。

(2016.10.14  タカハシミューロン250 + ASI 120MM-S + RG610 + 1.5倍バロー)

20時16分
月面余経度 70.91°
太陽高度 -3.43°
経過時間 -0h 52m

20時37分
月面余経度 71.09°
太陽高度 -3.26°
経過時間 -0h 31m

20時52分
月面余経度 71.21°
太陽高度 -3.13°
経過時間 -0h 16m

21時08分
月面余経度 71.36°
太陽高度 -2.99°
経過時間 0h 00m

21時23分
月面余経度 71.48°
太陽高度 -2.87°
経過時間 +0h 15m

21時48分
月面余経度 71.69°
太陽高度 -2.66°
経過時間 +0h 40m

22時12分
月面余経度 71.89°
太陽高度 -2.46°
経過時間 +1h 04m

22時34分
月面余経度 72.09°
太陽高度 -2.27°
経過時間 +1h 26m

23時05分
月面余経度 72.33°
太陽高度 -2.01°
経過時間 +1h 57m

アニメーション



秤動の影響

月面Aは月の西縁にあるため、秤動(月の首振り運動)の影響を大きく受けます。この地域が地球側に向いている時は「A」は幅広くて見やすく、反対側を向いている時は細長くて見えにくくなります。この画像の中で最も大きなクレーターはヘヴェリウスですが、ヘヴェリウスの幅を比べてみても秤動の影響がよく分かります。秤動の状況について「月面Aの予報」の表では○、△、×の記号で表しています。

秤動の状況が良い時  (○)
2016.10.14
秤動の状況が中間位の時  (△)
2014. 1.15
秤動の状況が悪い時  (×)
2016. 2.21

月面Aの正体

月面Aはリチオリの北にあるリチオリCクレーターの一部と、リチオリCの南(画像では上)にある三角形の台地の外壁が太陽光に照らされて輝いている姿です。この付近が夜明けを迎える頃、周囲はまだ真っ暗ですがこの地形の高い所にだけ光が当たりはじめ、それがたまたまAのような形に見えます。下の画像の線で囲んだ部分です。

 ミューロン250 + ASI 120MM   2015. 7 撮影
かつてこの月面Aのクレーターは「インガルス」と呼ばれていたようで、「月面ガイドブック」にもそのように記述されています。しかし現在は「インガルス」は月の裏側のクレーターに名付けられ、この月面AのクレーターはリチオリCと呼ばれています。Link 1, Link 2
リチオリCは二重のクレーターで外側がリチオリC、内側がリチオリCAです。

矢印が月面A付近  ミューロン250 + DMK31AU03  2014. 1 撮影

月面Xと月面Aの比較

同じ光学系で撮影した月面Xと月面Aの画像を並べてみました。月面AはXに比べるとかなり小さいことがわかります。(月の遠近や秤動の影響でそれぞれの大きさや形は多少変化します。)
また月面Aは満月前の明るい月のすぐそばに現れるので、Xよりも少し分かりにくいように思います。




月面Aの位置